良い道具を揃えて息の長いゴルフをしましょう

TOPICS

ゴルフにおけるロングアイアンを使うポイント

ロングアイアンとは1番から3番のアイアンのことですね。長く飛ばすためのシロモノなのですが、非常に扱いが難しくプロでも苦手という人が少なからずいるアイアンなのです。もちろん僕も苦手です。しかし、使いこなすことができればクールですね。ものすごくかっこいいですね。と、いうわけで今回はゴルフで1番から3番のロングアイアンで打つ際のポイントについてまとめてみました。

まず、そもそも何ゆえロングアイアンは他のミドルアイアン等と比べ扱い難いのかという理由を考えてみましょう。それは最大の特徴である長いシャフトと少ないロフトが原因です。コントロールの難しい長物の先端部分をピンポイントでボールの芯に当てなければならないわけですからそりゃ難しいわけです。さらに「難しい」という苦手意識が骨身にしみてしまっているという心理的な原因も加わっている場合が多いのです。ということで他のクラブとは明らかに違ったスイングが求められます。そこで基本となるのが、レベルブローでの水平起動でのスイングです。

イメージとしてはボールを払い打つように、ボールの後ろの芝を撫でるように水平に打つということです。そしてインサイドから振り抜くことを意識する。こうすることによってボールのスイートスポットをとらえ、シャープなショットを打つことができるようになる(らしい)です。まだ僕自身いまひとつマスターできていないのですが、ロングアイアンでキレイに打つことはゴルフにおける憧れなので早く習得したいものです。

RECOMMEND

Copyright 2017 良い道具を揃えて息の長いゴルフをしましょう All Rights Reserved.